☆オートシェイプ☆

  • 2010wedding
    マイクロソフト・Excelのオートシェイプ機能だけを使って描いた絵です。 コツコツとスローペースで描いています。 どうぞご覧ください。

オートシェイプ~和~

  • 季節5月 鯉のぼり・・・
    マイクロソフト オフィス(主にエクセル)のオートシェイプ機能を使って描いた美人画など和テイストのものです。

いろえんぴつ(練習帳)

  • クッキー☆
    2009年7月より初めた色鉛筆画。 もちろんそれより以前から使っていた色鉛筆だけど こんなに奥が深いものだとは。 いつかきっと上手になって、ブライダルブーケを色鉛筆で描けるようなイラストレーターになりたい。 そんな思いがつまった練習帳です。

PICS(いつかの写真)

  • Marbles
    いつか行ったあの時の写真。

花いろいろ

  • コーヒーの実
    庭で咲いた花 散歩道で見かけた花 公園にある大きな木 記念にパチリ。 写真に残しておきます。
フォト

« オートシェイプ チューリップ | トップページ | 三人官女のぼやき。 »

2007.02.09

話は長くなりますが・・。

去年、行方不明になってしまった身内の話を少し。

「その前に。
もしも飲んで出かけることがあったら、大変でしょうけど出来るだけ一緒に飲んだ友人或いは会社の同僚、上司、部下でひどく酔ってる人がいたら、送っていってあげて下さい。若しくは迎えを呼んであげてください。家には待ってる人がいるのだから、必ず家に帰って欲しいとそう思います。」

昨年の12月8日、(仮に名前をYとします)Yは会社の忘年会へ行くためにPM6時頃自宅を出ていきました。
お店までは電車で行きました。
そして忘年会では1次会はお蕎麦やさんで、2次会はスナックで行いました。
その2次会のとき、たまたまなのでしょうが、携帯電話をなくしてしまって一人騒いでいたようです。そしてこの日の深夜は雨が降っていました。
最終的に2次会でお開きとなり、Yは自宅に帰るためにお店から一人で駅の方へと向かって・・・だったのですが、なぜか駅の方へは行かず、正反対のコンビニの方へ向かって歩いて行きました。(外にある防犯カメラに写っていました)
考えようでは、携帯を失くしてしまっているので、公衆電話を利用するためにそちらへ向かった可能性はありますが、でも、このコンビニの防犯カメラにはYは写っていませんでした。なんのためにそちらへ向かったかは結局、分かりませんでした。
そして翌日になってもYは自宅へは戻らず、行方不明となりました。
Yは31才で結婚もしています。3人の子供がいますが、一番小さい子は現在5歳です。
その子たちを置いて、失踪するかどうか・・・
いろんなことを考えました。
ふと何かが嫌になって出て行ってしまったのではないか・・。
他にいい人が出来てしまったのではないか・・。
そんなことばかり、周りでもちろん私も含めて考えてしました。
何はともあれ無事に帰ってきて欲しいと願っていました。
そんな中でただひとり、Yの奥さんだけはYはもう亡くなっていると確信していました。
なぜそう思ったのか。それは夫婦だからこそ分かる何かなのかもしれません。
Yと奥さんはとても仲のいい夫婦でした。
何をするにも二人一緒で、Yが浮気をするなんてあまり考えられませんでした。
警察ではYが行った足取りを追ってYが飲んでいたお店周辺の聞き込み調査などを行ってくれました。でも手掛かりは何ひとつなく・・。

そして12月25日。
クリスマス。
とうとう見つかりました。魂は別のものとなって。
Yが飲んでいたお店の周りにはちいさな川がありました。
その川まで車でならすぐですが、歩いていくにはちょっと遠い場所です。
残念なことにそこの川で発見されました。
なぜその川に向かって行ったでしょう。家は反対の方向なのに。
外傷もなく洋服もちゃんと着ていました。
ただ左の靴だけは今も見つからず、どこに行ったのか分かりません。
不思議なことに持ちもの全て持っていて、携帯電話もちゃんと持っていたのです。
最終発信履歴は奥さんでした。
検死の結果では、アルコールを相当飲んでいたらしく、そして川に入った瞬間ほとんど即死の状態だったそうです。

こんなことがあるなんて予想もしていませんでした。
一生懸命、みんなで捜したのに、それも虚しく。
救われるのだとすれば、せめて亡骸が奥さんの元へ帰ってこれたことでしょうか。

残された奥さんを心が痛みます。
でも慰めの言葉も元気付ける言葉も出てきません。
それを口にしたところで、なんの役にも立たないからです。
ただただ時間だけが過ぎて行けばいいと思います。
時間だけが悲しみをやわらげる唯一の方法だと今は思っています。

« オートシェイプ チューリップ | トップページ | 三人官女のぼやき。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

残されたご家族・お身内の方々の事を思うと、本当に心が痛みます。
私も十数年前に弟を亡くしましたが、その時の母の悲しみ様といったら慰めの言葉もありませんでした。
悲しみを癒してくれるのは本当にただただ時間だけ・・・そう実感しました。
今では母もようやく笑って弟の話をする事ができるようになりましたが、時間というのは本当にありがたいものですね。

それにしても、誰かがその方をせめて最寄の駅まででもいいから送ってくれたら・・・
そう思うと悔やまれますね。

そんな事が有ったのですか・・
残されたご家族の方々がこれから先 強く生きていかれるといいですね

確かに 時間が癒してくれるって事も有りますね
でも 周りは 気を使ってそっとしてあげようって思うかもしれませんが
在り来たりの言葉でも 慰められる時ってありますよ
淋しくて心細くて どうしようもない時に 誰かがそばに居てくれるって
本当に心強いし・・なんの力になれなくても そばに居てあげること
見守ってあげること・・そんな事が嬉しかったりするものです

今晩は!
とても、残念なことでした、とても突然なことに、ご家族様も、悲しみの持って行き場が、ないように思います。
49日が過ぎ、新盆が過ぎ、一年が過ぎ、3年が過ぎたころ、残されたご家族様の
悲しみがいえてくるものかと思います。

そういう、私も、昨年の暮に、母がくも膜下出血で、当然に亡くなりました。
なので、なんとく、悲しみが解ります。
あ~すればよかった、こ~すれば良かったと悩んでみたこともありますが、現実は
受け止めなければしょうがないもので、、、、、。
時間がたてば、悲しみは、必ず癒えるもだと思いますよ!

明日になにがあるのか、本当に解らないものでうすね!


☆misaoさん
お気遣いのお言葉ありがとうございます。
弟さまを亡くされたご心中お察しします。

家族が亡くなるというのは本当に悲しいものですよね。
私も中学生の頃に父親を亡くしましたが、相当なショックでした。
父の話を出来るようになったのはやはり2年も過ぎた高校生の頃だったと思います。
時間とは本当にありがたいものです。
残された私たち、精一杯生きようという気持ちにしてくれます。

☆bebeさん
そうですね。誰かの優しい言葉で救われたりすることもありますね。
例えば、それが本であったりしても、その本の中に書いてある一説にすごく勇気付けられたり・・。
bebeさんのおっしゃるとおりで、それこそ慰めの言葉は何も出ませんでしたが、ただその人(奥さん)の隣にいることだけが唯一私にできる精一杯の気持ちでした。
何もできないけど、でもそうやって思ってくれる人がいるということは、それだけでも大きな意味を持つものなんですね。

☆純さん
明日はどんな一日になるか・・本当に分からないものです。
分からないから楽しいし、分からないから不安になるときもあるんですよね。
でもそれが人生なのでしょうか。
生きるとは辛いことなのかもしれません。
でも頑張って生きたら、それは楽しい人生になるのかも!
辛かった分、幸せは大きいのですよね。
お母様は今年が1周忌ですね。純さんの悲しみが少しでも癒されることをお祈りいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14904/13845772

この記事へのトラックバック一覧です: 話は長くなりますが・・。:

« オートシェイプ チューリップ | トップページ | 三人官女のぼやき。 »

★オススメHP!

  • 気まぐれbebeのひとり言
    bebeさんの日々の日記。時々読んでいてプッと笑ってしまうそんな楽しいブログです。
  • 美・美
    ワードのオートシェイプを使って素敵な絵を公開されています。色使いがとても上手で、アクセサリーなどの小物や花などとても細かいところまで丁寧描かれています。
  • Yume Pallet
    Microsoft Wordについているオートシェイプ機能を使って花や動物など素敵な絵を描かれています。 絵の描き方など分かりやすく丁寧に解説されています。
  • SA-YA'S FOREST(さーやの森)
    とてもかわいい女の子の絵や精密にデザインされたステンドグラスなど素晴らしいオートシェイプの作品がいっぱいです。
  • Smile Beam
    とてもアットホームな雰囲気で管理人エコさんのお人柄が伝わります。各種雛形やエクセルで描かれた素材などがあります。ほっと一息入れたいときに。
  • ワードでお絵かきの世界へ
    絵本みたいなホームページです。ほのぼのした絵を見ているとなんだかあったか~い気持ちになります。
無料ブログはココログ